大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

御着を歩く(4)御着宿本陣跡~牛堂山国分寺

御着宿本陣跡

御着公会堂が建てられており、その前に標識があります。

IMG_2914 himeji

IMG_2915 himeji

御着駅より西に10分ほど歩いて行くと播磨国分寺跡があります。

IMG_2930 himeji

奈良時代天平13年(741)の聖武天皇の詔によって国ごとに建てられた国分寺の一つで国指定史跡です。

IMG_2923 himeji

IMG_2919 himeji

塔跡を示す礎石、金堂、講堂、鐘楼、南大門などの跡があり、築地塀や礎石の配置が復元され、1200年前の当時を偲ぶことができます。

IMG_2921 himeji

IMG_2920 himeji

IMG_2932 himeji

IMG_2933 himeji

IMG_2927 himeji

IMG_2925 himeji

IMG_2924 himeji

IMG_2931 himeji

IMG_2922 himeji

聖武天皇勅願所の碑
IMG_2926 himeji

金堂があったと思われる場所には、牛堂山国分寺があります。

山門
IMG_2928 himeji

「播陽里翁説」によると、

天正6年(1578)4月、阿閇城の戦いの後、毛利の大軍が上月城を囲んだため、秀吉軍は直ちに救援に赴きましたが、その隙に乗じて別所勢が東から姫路城を陥れようとしたため、黒田官兵衛は急きょ姫路に引き返し、国分寺に拠って撃退しようとしました。しかし、別所軍は秀吉の大軍が来ると思い、牛堂山国分寺に火を放ち、諸堂、僧坊が消失したと伝えられています。

現在、牛堂山国分寺の本堂等は寛永16年(1639)、姫路城主松平忠明により、再建されました。

この門が閉まっていたため、この日は拝観できないのかと思い、諦めてしまいましたが、裏側に回れば境内に入れたようです



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

本陣跡、国分寺跡など立派な建物があって、
官兵衛より前の時代では、この辺りが播磨の
中心だったのでしょう。
今では、姫路にかくれて、御着ってどんな所と
言うくらい県下でも知っている人は少ないでしょう。

よくまわられましたね。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2014.01/16 01:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

裏口からとは~~

執念ですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.01/16 04:09分 
  • [Edit]

御着宿本陣跡~牛堂山国分寺跡! 

御着宿本陣跡~牛堂山国分寺跡!
見事な撮影です。

ラメールさんへ 

当時の播磨国分寺を見てみたかったですね。

後世になり、どれくらい遺構が残っているかによって、訪れる人の数も変わってくると思います。
残っているものを保存してくのも大変なことでしょうが、できるだけ長く後世に伝えていきたいですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.01/16 10:07分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

裏側からでも写真が残せて良かったです!(^^)!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.01/16 10:09分 
  • [Edit]

四方さんへ 

姫路と合わせて、御着への訪問もお奨め致します!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.01/16 10:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析