大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

竹中半兵衛と稲葉山城

竹中半兵衛は、天文13年(1544年)、美濃斎藤氏の家臣で美濃国大野郡大御堂城(岐阜県揖斐郡大野町)城主・竹中重元の子として生まれました。
初名は重虎、のちに重治、通称は半兵衛。

弘治2年(1556年)、父・重元が斎藤道三とその子・義龍に仕えていた頃、道三親子の間で争いが起き、重元は道三に付きましたが、道三が負けたため、義龍の軍勢が、重元の屋敷に押し寄せて来ました。
その時、13歳であった半兵衛は、弟は母とともに追い払ったといいます。

一方、織田信長と斎藤氏との関係は、信長と帰蝶(濃姫)の婚姻によって和睦・同盟を結ぶこととなっていましたが、道三の死によって、険悪なものとなってしまいます。

永禄元年(1558年)、父とともに不破郡岩手城主・岩手弾正を攻略し、翌2年(1559年)、菩提山城を築いて居城を移しました。

永禄3年(1560年)、父の死去または隠居(一説に父の死去は永禄5年(1562年)とも)により家督を相続し、菩提山城主となって斎藤義龍に仕えました。
半兵衛14~15歳の頃、安藤伊賀守守就(もりなり)の娘を妻とします。
守就は、はじめ土岐頼芸に仕えていましたが、美濃国が斎藤道三によって奪取されると、道三の家臣として仕えました。稲葉良通や氏家直元らと並んで西美濃三人衆の一人として知られています。

永禄4年(1561年)に義龍が死去すると、半兵衛は、その後を継いだ斎藤龍興に仕えるようになります。
義龍の死を知った織田信長は、直ちに美濃へ侵攻。

そして、半兵衛の名が一躍有名になる事件が勃発します。

稲葉山城は斎藤氏の拠点として美濃支配の要であり、標高329mの金華山山頂に造られた山城。西には長良川が流れる要害で、かの信長も数度にわたって攻めましたが、落とすことはできませんでした。

gifu.jpg
(画像:Wikipediaより)

永禄7年(1564年)、その稲葉山城を半兵衛は、岳父・安藤守就とともに、わずか16人の手勢で龍興の居城・稲葉山城を乗っ取ってしまったのです。
これには、同年1月、稲葉山城に参賀のため、登城した際、斎藤飛騨守の配下の者に、城壁から小便をかけられという屈辱を受け、この恨みを晴らすために起こしたとも、また信長の攻勢が日ごとに強まる中、寵臣たちと酒に溺れる龍興を諌めるためだったともいわれています。

龍興は城を捨て、半兵衛らは半年ほど城を占領した後、城をまた龍興に明け渡しました。
この時、信長から美濃半国と交換に半兵衛にに城を明け渡すよう誘いがありましたが、半兵衛はこれを拒否したといいます。

竹中半兵衛、後に官兵衛とともに「二兵衛」と称される名軍師と成長していきます。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

竹黒 半兵衛の今後の活躍が楽しみです。

特に、竹中半兵衛の活躍は、あまり知りません。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年01月24日 01時30分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

シネマも、全然知りませんでした~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年01月24日 05時25分 
  • [編集]
  • [返信]

稲葉城→岐阜城 

織田信長がこの稲葉城を中国の岐山の名前を取って岐阜と命名したのです。
司馬遼太郎の播磨灘物語でも竹中半兵衛のことは詳しくは記されていませんが、黒田官兵衛を上手く裏から指導したことは十分伺えます。

ラメールさん、シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

皆様、訪問&コメントありがとうございます!

今回のドラマでも、半兵衛と官兵衛の友情が描かれるとのことなので、半兵衛の活躍に加え、そのあたりも楽しみにしています。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年01月24日 10時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー