大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

三方ヶ原古戦場・犀ヶ崖

三方ヶ原の戦いは、元亀3年12月22日(1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった、武田信玄軍2万7,000人と徳川家康軍1万1,000人(うち織田信長からの援軍3,000人)との間で行われた戦いです。

浜松城の北側1kmに「犀ヶ崖」という断崖があります。
ここは、三方ヶ原古戦場として昭和14(1939)年に静岡県の史跡に指定されています。

IMG_5486 B

IMG_5485 B

武田軍に大敗した徳川家康は、浜松城に逃げ込みました。

20060403_60814.jpg

戦いは夜まで続き、攻撃を続ける武田軍は犀ヶ崖まで進攻してきましたが、この辺りの地理に疎く、夜であったため、足を踏み外して崖から転落してし、武田軍は多くの死者を出したという話が残っています。
またこれには、家康が犀ヶ崖に布でできた橋を架ける策略を行ったという話も伝わってあり、これが「布橋」というこの辺りの地名の由来となっています。

IMG_5489 B

それほど犀ヶ崖は急な崖だったということですが、実際、犀ヶ崖がどの辺りだったのかはっきりしていないそうです。

IMG_5487 B

IMG_5490 B

現在の犀ヶ崖資料館は、三方ヶ原の両軍の霊が祀った宗円堂というお堂でした。
その霊を慰めるために、毎年7月15日に遠州大念仏が行われます。
遠州大念仏は、遠州地方の郷土芸能の一つで、初盆を迎えた家から依頼されると、その家の庭先で大念仏が行われます。

布橋の国道沿いに三方ヶ原古戦場犀ヶ崖と刻まれた史跡碑、犀ヶ崖資料館があります。

資料館では、三方原合戦、遠州大念仏に関する資料が展示され、ビデオも見ることができます。
しかも無料なんですよ

犀ヶ崖資料館

IMG_5491 B

IMG_5492 B

資料館の中

IMG_5502 B

IMG_5503 B

IMG_5501 B

IMG_5500 B


IMG_5484 B

犀ヶ崖(さいががけ)

犀ヶ崖と呼ばれる範囲は、はっきりしないが、この付近から下流約450メートルの間に、急な崖が連続している。この付近では、幅約30メートル、両岸とも深さ10数メートルの絶壁をなす。元亀3年(1572)12月22日、徳川家康は、三方原において武田信玄に一戦を挑んで敗け、浜松城に逃げ帰ったが、その夜犀ヶ崖付近で徳川方が、地理に暗い武田方を急襲して、この崖に追い落としたと伝えられる。
崖上の宗円堂には、この戦による両軍の死者の霊が祀られており、その霊を慰めるため、毎年遠州大念佛が行われる。
静岡県史跡                                                      
IMG_5498 B

IMG_5499 B
                                      
大島蓼太の句碑

IMG_5483 B

岩角に兜くだけて椿かな 蓼太
(この句碑の後ろに椿が植えられています)

大島蓼太

信濃国(長野県)伊那郡大島の人。
全国を行脚する中、浜松に立ち寄ったそうです。

なぜか「ねずみ小僧次郎吉の墓」もあります

IMG_5496 B

IMG_5497 B

(「家康の散歩道」、「犀ヶ崖資料館」リーフレット参照)



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

無料は、いいですね~~~(^。^)y-.。o○
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年02月14日 04時43分 
  • [編集]
  • [返信]

三方ヶ原古戦場! 

3年前家内ともどもしずかさんに案内して頂きここを見学しました。
懐かしいです!ありがとうございました。

シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

無料の資料館なので、もっと多くの人に見学して欲しいです!

四方さんがいらしたのはもう三年前なのですね。
早いものです。

  • しずか 
  • URL 
  • 2014年02月14日 11時05分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

家康は、どこまでもついていますね。

布橋なんてお伽噺みたいですが、家康ならOKです。

静岡で、家康にさからう人はいないでしょう。

前回の官兵衛でこの話出てきましたね。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年02月14日 12時27分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさんへ 

コメントありがとうございます!

ここは、私の池から歩いて行ける距離のところです。

布橋という地名があるなんて面白いですよね(*^_^*)

前回、三方ヶ原のことが出てきたので、アップすることにしました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年02月14日 12時34分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー