大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

英賀合戦

英賀(姫路市)は、河川・海の交通の要衝であり、一向宗徒の多い英賀衆は、毛利水軍とともに石山本願寺を支援していました。

天正3年(1575年)7月、官兵衛が岐阜城に赴き、小寺氏が織田につくことになると、信長と毛利氏、小寺氏と毛利氏も敵対関係に。

危機感を感じた毛利輝元は、天正4年(1576年)、5000余の毛利軍を海路より英賀(あが)に上陸。官兵衛の居城・姫路城が標的でした。

このことを知った官兵衛は、遠征に疲れた毛利軍が休憩しているところを奇襲することを決断。
近隣の農民に旗や指物を持たせ大軍に見せかける策をとり、わずか500の兵で毛利軍を撃退しました。
信長は荒木村重への書状の中で、この戦による官兵衛の働きを喜び、高く評価したといいます。

英賀城は、英賀合戦の舞台であり、別所氏の三木城、小寺氏の御着城と並び播磨三大城と称されました。

信長が中国攻めを開始すると、羽柴秀吉に命じて播磨国へ侵攻。

1578年(天正6年)別所長治の三木城が落城すると、英賀城も1580年(天正8年)に落城しました。

現在は、城跡は英賀城跡公園、英賀神社になっています。

aga.jpg



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

奇襲が得意な官兵衛さんですね~

頭がきれるのねv-42
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.03/10 03:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

大河毛利の来襲の復讐をさせていただきました。

官兵衛のとった作戦は、マンガみたいですね。
本当にこんなことで毛利は、退散したのでしょうか。
とりあえずは、官兵衛大危機を防ぎました。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2014.03/10 03:27分 
  • [Edit]

英賀合戦 

毛利軍にとっては何時でも攻めうる体制であり、小手試しでしたが、織田軍にとっては石山本願寺との戦いで大苦戦中!この一戦は幸運の勝利であり、賞賛するのは当然であったということですね!

シネマ大好き娘さんへ 

奇襲なくては大軍には勝てなかったのでしょうね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.03/10 10:09分 
  • [Edit]

ラメールさんへ 

こういう話は、たぶんオーバーに伝えられていると思われるので、映像化すると、マンガのように感じるのは当然でしょうね。
毛利勢は、官兵衛らの様子見するつもりで、まずはちょっかい出してみよう・・・ぐらいの感じだったのでは?
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.03/10 10:16分 
  • [Edit]

四方さんへ 

まさにその通りですね!

昨日のドラマでは、信長から官兵衛への賞賛を、まるで自分の手柄のように喜んでいる小寺氏が滑稽でした。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.03/10 10:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析