大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

官兵衛と半兵衛

hanbe.jpg

斎藤氏の滅亡後、信長は、竹中半兵衛を自分の家臣としたいと考え、秀吉を遣わし、「三顧の礼」(目上の人が格下の者に対して三度も出向いてお願いをすることであり、中国で劉備が諸葛亮を迎える際に三度たずねたとする故事に由来する。)で半兵衛を誘いました。
半兵衛はこのとき、秀吉の天性の才能を見抜き、信長に直接仕えることは拒絶しましたが、秀吉の「私の師になってください。」という言葉に心を動かされ、秀吉の家臣となることを了承したといいます。

半兵衛の逸話については、後世の創作によるものとみられるものもあり、史実かどうかわかりません。

一方、信長に謁見した官兵衛は、中国方面の攻略法を説明し、信長にその能力を認められ、圧切を授けられました。

信長は、播磨攻略に秀吉を送りこみ、官兵衛に支援するように命じ、官兵衛は秀吉のいる長浜城に赴き、秀吉に面会。
そして、秀吉が官兵衛に紹介したのが竹中半兵衛でした。

半兵衛は、官兵衛より2つ年上、色白で病弱であったといいます。

後に「二兵衛」と称される官兵衛と半兵衛は、互いにライバルとして競い合いながらも、ともに秀吉のために、尽力しました。



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

「三顧の礼」 

>信長は竹中半兵衛を自分の家臣としたいと考え、秀吉を遣わし、「三顧の礼」で仕えるように依頼したが、結局、秀吉の人柄にほれこみ秀吉に仕えるようになった有名な話ですね。

NoTitle 

色白で病弱は、困りますね>_<
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年03月04日 06時05分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ「 

秀吉は「人たらし」といわれただけのことはありますね~

  • しずか 
  • URL 
  • 2014年03月04日 10時53分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

この人が早死にしてしまったのは実に惜しいことです(;O;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年03月04日 10時54分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー