大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

亀山本徳寺

山陽電鉄亀山駅に降りると駅と飾磨街道に挟まれるように位置しているのが、亀山本徳寺です。

1 20140502_1148591

永正12年(1515年)、蓮如配下の空善が飾磨郡英賀の英賀城下にを開山したのを始まりとし、英賀御堂・英賀 本徳寺と呼ばれ、播磨の浄土真宗の拠点として栄えました。

しかし、天正8年(1580年)の豊臣秀吉の英賀城攻めの際、戦火を避けるために、秀吉に寄進された亀山へ移転させられ、亀山御坊本徳寺と呼ばれるようになりました。

山門の左右は、築地塀で囲まれ、外から直接内部を見る事はできません。

2 20140502_1148592

門前には川が流れ、橋が架かっています。

3 20140502_1148593

門を入ると、右手に太鼓楼、左手に本堂があります。

本堂・大広間・庫裡・経堂が兵庫県指定文化財となっています。

太鼓楼
4 20140502_1148595

英賀から移築された建物で、見張り台の役割をしていたとか。
この施設は、近世に再建されたものですが、中世当初の景観をとどめているそうです。

大広間
5 20140502_1148596

6 20140502_1148597

本堂
7 20140502_1148600

妻入りの様式。

明治元年(1868年)火災で焼失した際、西本願寺から壬生へ移る前の新撰組が屯所として一時使用したこともある北集会所の建物を移築したもので、北側の柱には刀傷があるといいます。

8 20140502_1148598

9 20140502_1148599

また、松原八幡神社の祭礼である灘のけんか祭りの八家村地域の屋台の太鼓は、元は姫路城の登城太鼓だったのを亀山本徳寺が譲り受け、のちに八家村へと贈られました。

10 20140502_1148617

この日は、3月末でしたが、桜が7分咲きでした。

11 20140502_1148618

12 20140502_1148621

13 20140502_1148622

14 20140502_1148628

15 20140502_1148629

駅からは近いですが、門に行き着くまでに距離があります。

しかも、非常に広い境内なので、時間に余裕を持ってお出かけください。



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

こんなお寺もあるんですね。

遠方から来られた方に教えられました。

機会があれば、この記事を頼りに訪問してみます。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年05月04日 02時02分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさんへ 

この日の午後は、山陽電鉄沿いの史跡めぐりをしたのですが、駅から比較的近いところを選びました。
ここはその中でも位置からすると駅に近いのですが、境内が広いため、距離は歩きました。

NoTitle 

7ぶさきも、美しいですね~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年05月04日 04時44分 
  • [編集]
  • [返信]

亀山本徳寺! 

亀山本徳寺も見事なお寺ですね。
日本全国至る所に歴史的遺構や寺社があります!
行って見たいところ一杯です!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年05月04日 07時11分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

兵庫県もまだ知らないところだらけです。

大河ドラマのおかげで、今まで見えなかったところにも出会えます。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー