大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

レンタサイクルでめぐる安土の旅(6)安土城 本丸跡~天守閣跡

本丸跡

IMG_5497 本丸跡

前日に降った雨の影響で、水溜りができていました。

IMG_5498 本丸跡

IMG_5499 本丸跡

IMG_5496 本丸跡

本丸は、礎石などから、京都御所の清涼殿と似た構造であったことが判明しており、天皇の行幸を想定した建物と考えられています。

 本丸跡
 
 天主台を眼前に仰ぐこの場所は千畳敷と呼ばれ、安土城本丸御殿の跡と伝えられてきました。東西約50メートル、南北約34メートルの東西に細長い敷地は、三方を天主台・本丸帯郭・三の丸各石垣で囲まれ、南北に向かってのみ展望が開けています。昭和十六年と平成十一年の二度にわたる発掘調査の結果、東西約34メートルx南北約24メートルの範囲で碁盤目状に配置された119個の建物礎石が発見されました。7尺2寸(約2.18メートル)の間隔で整然と配置された自然石の大きな礎石には焼損の跡が認められ、一辺約1尺2寸(約36センチ)の柱跡が残るものもありました。4~6寸(12~18センチ)の柱を6尺5寸(約1.97メートル)間隔で立てる当時の武家住宅に比べて、本丸建物の規模と構造の特異性がうかがえます。
 礎石の配列状況から、中庭をはさんで3棟に分かれると考えられるこの建物は、天皇の住まいである内裏清涼殿等を参考にして復原したのが右の図です。西方の清涼殿風の建物は、密に建ち並んだ太くて高い床束が一階の床を支える高床構造の建物であったと考えられます。大手道を行く人々は、天主脇にそそり立つその姿を正面に仰ぎ見ながら登ったことでしょう。
 なぜ、安土城天主の直下に清涼殿に酷似した建物が建てられていたのでしょうか。『信長公記』には天主近くに「一天の君・万乗の主の御座御殿」である「御幸の御間」と呼ばれる建物があり、内に「皇居の間」が設けられていたことを記しています。信長の二度にわたる安土城への天皇行幸計画は実現しませんでしたが、この本丸建物こそ、天王行幸のために信長が用意した行幸御殿だったのではないでしょうか。(案内板より)

天主台へ登る階段

IMG_5500 天主閣跡

IMG_5501 天主閣跡

IMG_5502 天主閣跡

安土城の天主は、完成してからわずか3年後に焼失してしまいました。
天主台跡には、多角形に石垣と礎石が残るのみですが、発掘調査では、中央に礎石がないことが確認されています。
安土城天主は、5層7重(地上6階地下1階)の地下から地上3階までの吹き抜け部分を持ったかつて類のない高層の建物であったと考えられています。

天守台跡に立つと、信長になったような気分になれます!(^^)!

IMG_5505 天主閣跡

IMG_5508 天主閣跡

天主台からは琵琶湖も一望できます。

IMG_5507 天主閣跡



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ




スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

天主台に上ると天下をとった気分ですね~

琵琶湖もみたいです!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.05/19 03:53分 
  • [Edit]

安土城からの眺望! 

安土城からの眺望は素晴らしいいし、城下の水運の利用も信長は良く考えてこの城を建てたのですね。
大阪城も全く信長の考えを踏襲して秀吉が大阪城を築城しました。
又、信長は西洋との通商で国益・利益を考えていたようで、この点を秀吉検討違いをして朝鮮に出兵して大失敗です。
  • posted by willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014.05/19 05:55分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

天守台に立った気分は最高ですよ!

ここからの景色は絶景です。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.05/19 10:52分 
  • [Edit]

四方さんへ 

この安土城ひとつを見ても、やはり信長はただ者ではないですね。
長生きしていたら、日本は違った方向に進んでいたでしょう。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.05/19 10:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析