大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

英賀城の遺構(2)田井ヶ浜跡・巽地蔵

英賀城の港であった田井ヶ浜跡巽地蔵があります。

天正4年(1576年)、官兵衛の進言により、御着城主・小寺政職が織田家につくことを決めると、毛利水軍5000人が田井ヶ浜に上陸しました。
すると、官兵衛は500の手勢で毛利軍を追い返し、一躍その名を轟かすことになります。

IMG_6118 tatsumi

IMG_6119 tatsumi

IMG_6117 tatsumi

英賀港は古代からの港で寛和2(986)年、花山法皇が書写山円教寺に御幸し、帰りは当港から国史の船で出港なされた。
室町期は、英賀城下の市場町で天正8(1580)年の英賀落城まで三木氏一族と英賀衆が活躍した交易の港町として繁栄した。
天正4年(1576年)この地は、毛利水軍5千人の上陸地。 先祖が英賀出身の司馬遼太郎作「播磨灘物語・英賀の浦」で毛利水軍と御着城黒田官兵衛軍の「町の坪合戦」が名文で語られてる巽地蔵。昔このあたりは田井ヶ浜といわれ、落城後は荒れ果てていたが、熊谷家がこの地を清め地蔵尊を祀った。英賀神社南東方向で、「巽の地蔵」と名付けられた。霊験新たかで境内に「田井ヶ浜碑」を建立し、住民の憩いの場となっている。
 
 浦人のつりしてかへる田井の浜
      しかまの市に出でてうらまし
                   大河内満次 (碑文)

田井ヶ浜跡碑

IMG_6120 tatsumi

現在は、港であった昔の面影はなく、上には山陽電鉄が走っています。



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おじぞうさま~おされですね!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.05/27 03:37分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

地元の方達に大切にお祀りされているのがわかりますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.05/27 11:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析