大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

垂井町・禅幢寺の竹中半兵衛の墓

岐阜県不破郡垂井町禅幢寺は、竹中半兵衛の菩提寺です。

IMG_4874tarui.jpg

IMG_4876tarui.jpg

IMG_4878tarui.jpg

薩摩の金鐘寺正磧和尚(しょうせきおしょう)が当地に来て開基となりました。

IMG_4880tarui.jpg

永禄元年(1558)竹中氏が6000貫の領主となります。

永禄元年(1558年)、半兵衛は、父とともに、敵対する岩手弾正道高を攻め、岩手城(岐阜県不破郡垂井町)を手に入れ、新たに菩提山城を築いて居城としました。

永禄3年(1560年)、父の死去または隠居(一説に父の死去は永禄5年(1562年)とも)により家督を相続し、菩提山城主となって斎藤義龍に仕え、永禄4年(1561年)に義龍が死去すると、その後を継いだ斎藤龍興に仕えました。

その後、織田氏の家臣である羽柴秀吉の軍師として、黒田官兵衛とともに「両兵衛」「二兵衛」と称され活躍しました。

天正7年(1579年)4月、播磨三木城の包囲中に病に倒れ、秀吉は京都で静養させましたが、武士ならば戦場で死にたいと秀吉に懇願し、播磨三木の秀吉本陣に戻り、陣中にて肺の病気で死去したとされています。

半兵衛の遺体は、播州三木に葬られましたが、天正15年(1587)長男の重門が父の菩提を弔うため、三木から当寺に墓石を移したそうです。

本堂は重門の子、半兵衛の孫に当たる重常が寛文3年(1663)に建立したもので、竹中氏と家臣の菩提寺となっています。

IMG_4881tarui.jpg

IMG_4879tarui.jpg

IMG_4875tarui.jpg

IMG_4886tarui.jpg

IMG_4882tarui.jpg

有岡城から救出された官兵衛は、松寿丸を匿ってくれた半兵衛に礼を言いことはできませんでしたが、松寿丸を通して、半兵衛の軍配を受け取ったといいます。



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

TVでやっていた三木の墓もりっぱでしたね。
若くしてなくなっていまいました。
秀吉も半兵衛が生きておったら、朝鮮にはいかなかったんでしょうね。
  • そば打ちおじさん 
  • URL 
  • 2014年06月02日 02時02分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

半兵衛さんの影響はすごいですね~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年06月02日 03時43分 
  • [編集]
  • [返信]

垂井町の禅幢寺は、竹中半兵衛の菩提寺! 

>美濃の旅で垂井町に行っていますがこの「垂井町の禅幢寺は、竹中半兵衛の菩提寺」は拝観していません。
関ヶ原の竹中陣屋さえ見ていません。
当時、黒田官兵衛が大河ドラマになるとは思っていまっせんでした。それなら竹中半兵衛が出ますよね!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年06月02日 04時53分 
  • [編集]
  • [返信]

そば打ちおじさんへ 

三木のお墓にもお参りに行きたかったのですが、あちらはアクセスが悪いので止めました。
半兵衛が長生きしていたら、秀吉の人生も違うものになっていたのでしょうね。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年06月02日 10時54分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

今年は、官兵衛とともに半兵衛のことも調べています。
今まで以上に半兵衛が好きになりました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年06月02日 10時55分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

四方さんとは、逆に岐阜はこの時一度の見学です。
知らないとこだらけですよ~(^_^;)
また機会をつくって別のところをまわります。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年06月02日 10時59分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー