大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

英賀城の遺構(5)明蓮寺・英賀本徳寺跡碑

だいぶ間が空いてしまいましたが、英賀城の遺構の続きです。

英賀本徳寺跡は、現在の歌野橋上流約100mの地域にありましたが、昭和12(1937)年、日本製鐵廣畑製鉄所の誘致に伴う夢前川の改修付け替え工事によって遺跡は河床となりそれまで建てられていた石碑は明蓮寺の境内に移されました。

ここを訪ねたのは、今年の4月上旬のこと。

夢前川駅で下車し、歌野橋を通って明蓮寺を目指しました。

IMG_6077 aga

桜並木に沿って歩いて行きます。

IMG_6078 aga

英賀本徳寺跡はこの川の下にあるということなのですね。

IMG_6079 aga

IMG_6080 aga

駅から徒歩7分で明蓮寺に到着。

IMG_6082 明蓮寺

これですね!鐘楼の前に立派な石碑があります。

IMG_6083 aga

IMG_6081 明蓮寺

 明蓮寺(浄土真宗 真宗大谷派)と「英賀本徳寺跡碑」

 英賀本徳寺が建立された直後の永正14(1517)年、英賀六代城主三木通規の家臣神出左衛門の母妙蓮尼によって建立された。本尊は阿弥陀如来です。当時、英賀は浄土真宗に帰依した三木一族を中心に運営される自治都市「寺内町」で、織田信長と戦う大阪の石山本願寺と深い繋がりをもっていた。
天正8(1580)年、信長の命を受けた羽柴(豊臣)秀吉によって「寺内町」は解体された。その時、英賀本徳寺は亀山へ、英賀門徒の多くが龍野町、飾磨田町(玉地)などへ移されたが、明蓮寺は唯一英賀の地へ残った。
 その明蓮寺の境内に、昭和13(1938)年日本製鐵廣畑製鉄所の誘致に伴う夢前川の改修付け替え工事によって移された「英賀本徳寺跡碑」(昭和3年英賀青年会建立)が建っている。(案内板より)

IMG_6084 明蓮寺

IMG_6086 明蓮寺


また、英賀五差路に向かって歩いて行くと、英賀城 河下口之跡」「英賀城 大木之濠跡」の石碑があります。

IMG_6108 aga

官兵衛の時代の英賀は、英賀城を中心とした城下町であり、播磨最大の港町であり、英賀本徳寺を中心とした一向宗徒の町でしたが、現在は密集した住宅地となっています。
しかし、その細い路地を歩いて行くと、ところどころに残る堀跡や土塁跡を目の当たりにできます。
当時の様子を想像しながら、石碑を探しながら、散策するのも面白いですよ。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

桜並木~綺麗ですね~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年06月26日 03時29分 
  • [編集]
  • [返信]

明蓮寺・英賀本徳寺跡碑 

姫路は1泊2日で社寺の見学をも来年予定しています!
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年06月26日 05時25分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

コメントありがとうございます!

多少距離があっても、桜並木を歩くなら苦になりませんね。

姫路は泊まりでゆっくり見るべきだと思いました(#^.^#)
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年06月26日 10時16分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー