大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

織田信孝の墓

愛知県知多郡美浜町野間の大御堂寺(おおみどうじ)は、通称野間大坊として知られています。

IMG_7204 B

境内には、安養院で自刃した織田信孝の墓があります。

織田信孝の墓
IMG_3560 B

また当寺は、源義朝ゆかりの寺として有名です。
白河天皇の勅願によって承暦年間(1077~1081)に建立したと伝えられていますが、義朝を弔うために平康頼が小堂を建てたことに始まるという説が有力で、源頼朝が墓参に訪れた際に堂塔伽藍を再建したともいわれています。

大門はその時建立されたものです。

大門

IMG_7207 B

IMG_7206 B

以後、豊臣秀吉、徳川家康の庇護を受けて発展しました。

本堂

IMG_7208 B

IMG_7209 B

IMG_7210 B

野間大坊(由来)

天武天皇(673~686)の時、役の行者が草創、聖武天皇(723~749)の時行基菩薩が再び開基し、弥陀三尊を守置し阿弥陀寺と称した。
弘法大師は当寺に留錫、一千座の護摩供養を修し庶民の幸福を祈った。
白河天皇の承暦年間(1077~1081)一山を再建して勅願寺とし大御堂寺と命名された。
親筆の金字の妙典八軸を納められた。
源義朝公憤死の地で境内に墓地がある。
又、縁結びの弁財天が良縁を授ける。
建久元年(1190)源頼朝公により、守本尊開運延命地蔵菩薩が奉安された。
守本尊は定期佛師作ではじめ平清盛の母の池の禅尼念持仏であった。
頼朝十三の時平治の乱に敗れてとらえられたが、池の禅尼の命乞いによって助けられ、後天下を治めることが出来た。
その時禅尼地蔵尊を頼朝公に与え、公は父の廟参の時当寺に納めた。
尚、頼朝公相伝の延寿の秘法が当寺に伝わっている。(案内板より)

IMG_7212 B

本堂向かって左側には、鎌倉幕府五代将軍・藤原頼嗣寄進の梵鐘がある鐘楼堂があります。

鐘楼堂

IMG_7245 B

IMG_7246 B

悠紀殿

IMG_7253 B

昭和天皇の即位の礼の際、京都御所内に建てられた建物の一部を当山に御下賜され、昭和4年に移築されたものだそう。

IMG_7254 B

IMG_7255 B

IMG_7256 B

IMG_7257 B

IMG_7258 B

IMG_7260 B

兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

今日からカーブス盆休み~

太りそう>_<
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年08月13日 02時25分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

頼朝、秀吉、家康と天下人の庇護を受けただけあって、
建物は立派です。
信孝の墓もあるから、織田も関係していますね。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年08月13日 02時33分 
  • [編集]
  • [返信]

野間大坊(大御堂寺) 

野間大坊(大御堂寺)は聖武天皇の時、僧・行基に命じて創建されています。「悠紀殿は昭和天皇の即位の礼の際、京都御所内に建てられた建物の一部を当山に御下賜され、昭和4年に移築されたものだそう」と記載されています。となると皇室とも深い関係が続いていたと考えられますね。
  • willy_tsuguo_shikata 
  • URL 
  • 2014年08月13日 04時43分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

ずいぶんと古い、由緒あるお寺なんですね。
歴史上のいろいろな人と関係があるようだし。

シネマ大好き娘さんへ 

私も今日からお盆休みです。

が、家事に追われる日々で終わりそう(-_-;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年08月13日 09時43分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさんへ 

野間大坊が、これだけ多くの歴史的有名人に関わっていっるとは、行くまで知りませんでした。
一か所でたくさんのものを収穫した気分です(#^.^#)
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年08月13日 09時45分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

当寺は、創建も古く由緒あるお寺のようですね。

私は二度行きましたが、隅々までまわると、結構時間かかりました。
四方さんも機会があったら訪ねてみてください。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年08月13日 09時51分 
  • [編集]
  • [返信]

YUMIさんへ 

ここは、「平清盛」関連で行ったのですが、あまりにも多くの歴史人にゆかりのあるところで、ついつい長居してしまいました(^_^;)
それだけ収穫の多かったわけですが。
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年08月13日 09時55分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー