大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

掛川城御殿


掛川城御殿は、儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の 政務をつかさどる役所という3つの機能を合わせ持った施設です。掛川城御殿 は二の丸に建てられた江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿しては、京都 二条城など全国で4箇所しかない貴重な建築物です。   書院造りと呼ばれる建築様式で、畳を敷き詰めた多くの部屋が連なり、各部屋 は襖で仕切られています。当初は本丸にも御殿が作られましたが、老朽化した り災害にあって、二の丸に移りました。   その後、江戸時代の藩の政治や大名の生活が偲ばれる貴重な建物として、昭和 四十七年から五十年まで保存修理が実施され、昭和五十五年一月二十六日、国 の重要文化財に指定されました。

嘉永七(安政元、1854)年、安政の東海大地震で御殿が倒壊したため、時の 城主太田資功によって安政2年(1855)年から文久元(1861)年にかけて再建 されたのが現在の御殿で、明治元(1868)年までの間、掛川藩で使われました。

掛川城御殿は七棟からなる書院造で、部屋はそれぞれの用途に応じ約20部屋に分かれています。最も重要な対 面儀式が行われる書院棟は、主室の御書院上の間と、謁見者の控える次の間・三の間からなります。   藩主の公邸の小書院棟は、藩主執務室である小書院と、藩主の居間として使われた長囲炉裏の間からなりま す。東側は藩政をつかさどる諸役所の建物で、目付・奉行などの役職の部屋、警護の詰所、帳簿付けの賄方、 書類の倉庫である御文証などがあります。小書院棟の北側には勝手台所がありましたが、明治時代に撤去さ れてしまいました。   江戸時代には身分によって入り口が異なっており、藩主や家老は式台玄関から、その他の武士は玄関東側か ら、足軽は北側の土間から入りました。(掛川城HPより)

IMG_4989 御殿

IMG_4992 一豊&千代

IMG_4994 御殿

ここから中に入ります。

IMG_4995 御殿

三の間
IMG_4996 三の間

IMG_4997 報告の大太鼓

IMG_4998 報告の大太鼓

IMG_5000 次の間
次の間
IMG_4999 次の間

IMG_5001 城主

IMG_5003 御書院上の間

御書院上の間
IMG_5004 御書院上の間

IMG_5005 小書院

小書院
IMG_5006 小書院

IMG_5007 次の間
次の間
IMG_5008 次の間

IMG_5009 長囲炉裏の間

長囲炉裏の間
IMG_5011 長囲炉裏の間

井伊家橘の紋
IMG_5026 井伊家 橘

朝比奈家の紋
IMG_5027 朝比奈家

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

▽コメントリスト

駿府城(4)本丸堀~坤櫓

本丸堀
IMG_0886 本丸堀

IMG_0884 本丸堀

 本丸堀は、駿府城の三重堀の一番内側の堀で本丸を取り囲んでいます。幅約23〜30mで深さは江戸時代には約5mありました。石垣は荒割りした石を積み上げ、隙間に小さな石を詰めていく「打ち込みはぎ」と呼ばれる積み方です。角の部分は「算木積み」という積み方で横長の石を互い違いに積んで崩れにくくしています。
 発掘調査により再び姿をあらわした本丸堀は、江戸時代の雰囲気が感じられる貴重な遺構です。

坤櫓
IMG_0882 坤櫓

IMG_0881 坤櫓

坤櫓とは、駿府城の二ノ丸の南西の方角に位置する櫓で、この坤(ひつじさる)という名は、築城当時には方位に干支が用いられていて、北を子(ね)として時計回りに割り当て、南西の方角は未(ひつじ)と申(さる)の間であるため、坤(ひつじさる)と呼んだことに由来しています。
坤櫓の外見は、屋根が二重ですが、内部は三階構造となっています。
櫓は矢蔵(やぐら)とも書かれ、平時は、武器庫として使用されていたことに由来しますが、戦の時には、物見として、或いは、攻めて来る敵に対する攻撃拠点としての役割もありました。
復元に当たっては、「駿府御城惣指図」(寛永9年~永宝4年、個人蔵)」のほか「駿府御城内外覚書」3冊(個人蔵)などを参考に、伝統的な木造建築工法を用いて可能な限り忠実に復元作業を行いました。(駿府城HPより)

IMG_0883 坤櫓

残念ながらこの坤櫓の開館時間に間に合わず、外からだけの見学となってしまいました。
またの機会に・・・

IMG_0888 駿府城

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ


▽コメントリスト

駿府城(3)本丸跡~刻印のある石垣

本丸跡には、徳川家康の像が立っています。

IMG_0867 本丸跡

IMG_0868 家康像

この像は威厳に満ちていますね。

IMG_0866 駿府城

駿府城 
 今から約650年前の室町時代、今川範国が駿河守護職に任じられて以降、駿河国は今川氏によって治められました。9代義元の今川氏全盛の頃、徳川家康は7歳から18歳までの間、人質として駿府に暮らしました。永禄3年(1560)今川義元が桶狭間で織田信長に討たれた後、今川氏は急速に衰退し永禄11年(1568)武田氏により駿府を追われました。
 徳川家康は駿府の武田氏を天正10年(1582)に追放した後、同13年(1585)には駿府城の築城を開始し浜松城から移りました。しかし徳川家康は、天正18年(1590)豊臣秀吉により関東に移封され、豊臣系の中村一氏が駿府城の城主になりました。
その後、徳川家康は、関ヶ原の戦いに勝利し、慶長8年(1603)に征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開きます。慶長10年(1605)に将軍職を息子秀忠に譲り、同12年(1607)には大御所として三たび駿府に入りました。この時に天正期の城が拡張修築され、駿府城は壮大な新城として生まれ変わりました。城には三重の堀が廻り、堀に囲まれた曲輪を内側から「本丸」、「二ノ丸」、「三ノ丸」とする典型的な輪郭式の縄張りとしています。
 大御所の城にふさわしく、築城に際して「天下普請」として全国の大名が助役を命じられ、各地から優秀な技術者や多量の資材が集められました。
 また、阿倍川の堤の改修や、城下町の整備なども行われ、現在の静岡市街地の原型が造られました。
                                                 静岡市教育委員会

駿府城御玄関前御門跡
IMG_0873 駿府城御門

IMG_0872 駿府城御門

IMG_0874 駿府城

刻印のある石垣
IMG_0878 石垣

IMG_0880 石垣

IMG_0879 石垣

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

▽コメントリスト

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー