FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

勝海舟銅像

浅草の吾妻橋を通って墨田区役所へ。

1 20170628_1736293

2 20170628_1736294

IMG_0248 B

3 20170628_1736295

区役所の脇に、勝海舟像があります。

20130501235739c2d (2)

2003年に海舟生誕180年を記念して、市民グループ「勝海舟の銅像を建てる会」により、区役所前うるおい広場の緑地内に建立されました。

20130501235741815 (2)

海舟は維新後「安芳(やすよし)」と改名したことから、勝安芳像とも呼ばれます。
  
  建立の記

勝海舟(通称・麟太郎、名は義邦、のち安房、安芳)は、文政6年(1823年)1月30日、江戸本所亀沢町(両国4丁目)で、父小吉(左衛門太郎惟寅)の実家男谷邸に生まれ、明治32年(1899年)1月19日(発表は21日)、赤坂の氷川邸で逝去されました。
勝海舟は幕末と明治の激動期に、世界の中の日本の進路を洞察し、卓越した見識と献身的行動で海国日本の基礎を築き、多くの人材を育成しました。西郷隆盛との会談によって江戸城の無血開城をとりきめた海舟は、江戸を戦禍から救い、今日の東京の発展と近代日本の平和的軌道を敷設した英雄であります。
この海舟像は、「勝海舟の銅像を建てる会」から墨田区にに寄贈されたものであり、ここにその活動にご協力を賜った多くの方々に感謝するとともに、海舟の功績を顕彰して、人びとの夢と勇気、活力と実践の発信源となれば、幸甚と存じます。
海舟生誕180年
平成15年(2003年)7月21日(海の日)
             墨田区長 山崎昇



日展作家木内禮智の手になる銅像で、像高2.5m、台座も入れると5.5mにもなります。

右手を突き出したこの海舟は壮年期、新しい日本を思い描き、アメリカを目指そうとする瞬間を捉えたものです。平成15年に建立されました。(すみだ観光サイトより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

*CommentList

赤坂の勝海舟邸跡の碑

東京の赤坂氷川神社から、本氷川坂(もとひかわざか)を下ると、坂の 右手に勝海舟の旧宅を示す標示板があります。

IMG_0365 B

IMG_0366 B

IMG_0367 B

IMG_0362 B

270px-Kaishu_Katsu_2.jpg

  勝海舟邸跡の記

 港区赤坂6丁目10番39号の「ソフトタウン赤坂」が建つこの地は、幕末から明治にかけて、幕臣として活躍した勝海舟が安政6年(1859)から明治元年(1868)まで住んだ旧跡である。
 海舟は終生赤坂の地を愛し、3カ所に住んだが、当初居住中の10年間が最も華々しく活躍した時期に当たる。
 海舟は号で名は義邦。通称麟太郎、安房守であったから安房と称し、後に安芳と改めた。夫人は民子。
 海舟は文政6年(1823)、本所亀沢町の旗本屋敷=現墨田区両国4丁目の両国公園の地=で、貧しい御家人の子として出生。
 長じて赤坂溜池の筑前黒田藩邸=のちの福吉町、現赤坂2丁目の赤坂ツインタワービルや衆議院赤坂議員宿舎などの地=に通って蘭学を学び、その縁から新婚23歳で赤坂田町中通り=現赤坂3丁目13番2号のみすじ通り=の借家で所帯を持った。
 36歳からは赤坂本氷川坂下=もとひかわざかした、のちの氷川町=のこの地に住んだ。
明治元年45歳で、引退の徳川慶喜に従って、ここから静岡市に移ったが、明治5年(1872)再び上京し、満76歳で亡くなるまで赤坂区氷川町4番地=現赤坂6丁目6番14号=に住み、参議・海軍卿、枢密顧問官、伯爵として顕官の生活を送り、傍ら氷川清話などを遺した。
 この時の屋敷跡は東京市に寄付され、平成5年(1993)春まで区立氷川小学校敷地として使われた。
 当初に住み始めた翌年の安政7年(1860)、幕府海軍の軍艦頭取=咸臨丸艦長として上司の軍艦奉行木村摂津守、その従僕福沢諭吉らを乗せ、正使のの外国奉行新見豊前守を乗せた米艦ポーハタン号に先行して渡航、日本の艦船として初めて太平洋横断・往復に成功した。

 文久2年(1862)11月、海舟を刺殺しようとして訪れた旧土佐藩士坂本龍馬らに世界情勢を説いて決意を変えさせ、逆に熱心な門下生に育てて、明治維新への流れに重要な転機を与えることになったのもこの場所である。
 明治元年3月には、高輪の薩摩藩邸=品川駅前の、のちの高輪南町、現港区高輪3丁目のホテルパシフィックの地=で行われた。第2回については芝田町薩摩藩邸=のち三田四国町、現港区芝5丁目芝税務署辺りの地=または、三田海岸の薩摩藩蔵屋敷(くらやしき=倉庫)の裏側にある民家=現港区芝5丁目の三菱自動車ビル周辺=まで行われたとの両説がある。いずれも当所居住中のことである。
 明治維新では、明治元年5月、海舟の留守中に、一部の官軍兵士がここの勝邸に乱入したが、海舟の妹で佐久間象山未亡人の瑞恵(旧名・順)が家人を励まして一歩も引かずに応対し、危急を救った。
 海舟は終生赤坂の地を愛したが、郊外の風光にも惹かれ、初めは葛飾区東四ツ木1丁目に、次いで洗足池に面して造られ、自ら建てた西郷隆盛を偲ぶ碑と共に大田区文化財に指定されている。
 平成7年11月吉日
     ソフトタウン赤坂管理自治会
     撰文 伊波 新之介
     協賛 勝海舟顕彰会
     協力 港区郷土資料館



にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

*CommentList

萩の木戸孝允旧宅地

萩市呉服町に、木戸孝允旧宅地があります。

IMG_1226 木戸

木戸孝允(桂小五郎)の生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした木造瓦葺の2階建て、瓦葺きの家です。

IMG_1229 木戸

12部屋の家には、誕生の間や幼少時代の手習いの書を表装した掛け軸、写真などが展示されています。

IMG_1225 木戸


孝允は1833年(天保4)に長州藩医・和田昌景の長男として生まれ、7歳のときに桂家の養子となりますが、
実家のこの家で育ちました。
通称・桂小五郎
藩校明倫館に通い吉田松陰の兵学門下となり、文久2年(1862)藩の要職に就き京へと出て国事に奔走。

慶応元(1865)年、33歳の時、藩命により木戸貫治に改め、ついで準一郎と称しました。

翌年、坂本竜馬の仲介のもと薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと薩長同盟を結び明治維新に尽力。

維新後、名を木戸孝允に改め、五箇条の御誓文の起草、版籍奉還、廃藩置県などの推進に功績を残しました。
そのため、西郷隆盛、大久保利通とともに維新の3傑といわれています。

明治10(1877)年、西南の役の途中で病死。享年45歳。

IMG_1228 木戸

IMG_1230 木戸

IMG_1231 木戸

IMG_1232 木戸

IMG_1233 木戸

治療の間
IMG_1234 治療の間

父親が藩医だったため、玄関が2つあります。

患者さん用の内玄関
IMG_1235 内玄関

来客と家族用の表玄関
IMG_1237 表玄関

IMG_1236 木戸

IMG_1240 木戸

IMG_1238 木戸

IMG_1239 木戸

IMG_1241 木戸

仏間
IMG_1242 仏間

IMG_1243 木戸


IMG_1244 庭

IMG_1245 木戸

誕生の間
IMG_1246 誕生

IMG_1247 ソテツ

庭のソテツの木は、漢方医だった木戸の父親が、薬として使うために植えられたのではないかといわれています。

IMG_1248 ソテツ

IMG_1227 木戸

木戸孝允旧宅
 木戸孝允は、天保4年(1833) 6月26日、:萩藩医和田昌景(石高 20石)の長男として、ここに生まれた。
 8歳で石高 150石の桂家(末期養子のため石高 90石)の養子となったが、養母死亡のため実家で成長し、江戸に出るまでの約20年間をこの家で過ごした。
 初名は桂小五郎、33歳の時藩命により木戸貫治、翌年木戸準一郎と改めた。実名は孝允。
 17歳の時には藩校明倫館で、吉田松陰に学んだ。30歳の頃から藩の要職につく一方、京都におもむいて薩摩の西郷隆盛らと倒幕の一大勢力となる薩長同盟を結んだ。
 明治新政府では特に五箇条の御誓文の草案作成に参画し、版籍奉還や廃藩置県の実現に力を尽くした。
 これらの功績により、西郷隆盛・大久保利通とともに「維新の三傑」と呼ばれた。
 明治10年(1877) 5月26日、西南戦争のさなか、45歳で京都で病死。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
25位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析