FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

土佐の旅(74)高知城 天守・本丸御殿

天守は、高さ18.5mの3層6階、屋根入母屋造り本瓦葺きの望楼型で、山内一豊によって1603年(慶長8年)に築城されましたが、城
下町の大火で一度消失。その後、1749年(寛延2年)に再建されました。

1871(明治4)年の廃藩置県後、全国各地で城郭破壊が行われました。
高知城も1873(明治6)年本丸以外の二ノ丸、三ノ丸の塀や櫓を残して表御殿、奥御殿などの建物が撤去され、明治政府から公園とすることが許可されました。その際、天守は咸臨閣、本丸御殿は懐徳館として一般に開放されました。

1876(明治9)年には本丸と追手門を残して塀、櫓及びその付属の建物が払い下げられました。

懐徳館
IMG_1451 懐徳館

山内豊章の書

本丸御殿は、懐徳館として、山内家ゆかりの品や土佐の偉人、歴史資料などを展示しています。

この建物は、城主が平時居住するためのものではなく、正規の対面所としてつくられたもの。
天守同様1727(享保12)年罹災後、1747(延享4)年までに再建されたものです。


懐徳館に入ると、上段ノ間まで、四ノ間・三ノ間・二ノ間が続きます。

三ノ間の西側には、納戸蔵があり、二ノ丸や三ノ丸に使われていた見事な彫刻が施されている欄間が展示されています。

IMG_1455 三ノ丸欄間

土佐の左甚五郎と称される名工がいたのですね!

IMG_1456 三ノ丸欄間

IMG_1457 三ノ丸欄間2

IMG_1458 三ノ丸欄間3

IMG_1459 三ノ丸欄間3

IMG_1460 二ノ丸欄間

IMG_1461 二ノ丸欄間

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
*CommentList

土佐の旅(73)高知城 天守閣

IMG_1450 本丸天守閣

現在の天守は創建当初のものではなく、1727(享保12)年の火災後の再建にかかるもので、棟木の銘文によって1747(延享4)年12月26日に棟上げされたことがわかっています。

IMG_1444 本丸天守閣

外観4重(内部3層6階)の望楼型天守で、最上階には廻縁高欄が付けられています。

IMG_1449 本丸天守閣

「咸臨閣」という別称を持ち国の重要文化財に指定されています。

IMG_1448 本丸天守閣


右側の建物が本丸御殿である懐徳館、左が天守です。

IMG_1443 高知城2

懐徳館の入口で、入場料を払い、お城の中へ!

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

*CommentList

土佐の旅(72)高知城 西多門

本丸に到着!

IMG_1443 本丸

本丸には天守・本丸御殿・納戸蔵・廊下門・東多聞・西多聞・黒鉄門などの建造物が残っています。

いずれも国の重要文化財に指定されています。

東多聞は武器庫として使用したといわれ、西多聞には本丸警護の武士が詰める番所が置かれていたといいます。

西多聞は、廊下門の西端南に孤立して建ち、廊下門との間には一間の築地塀があります。

IMG_1446 西多門

内部は3室に区分され、各室の間仕切はないつくりとなっています。

IMG_1447 西多門

IMG_1445 西多門

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ

*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
29位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析